石膏ボードの壁の塗り方




石膏ボードを塗り替える




家のあちこちに使われている石膏ボート。そのままにしておけませんが自分で壁紙を貼り直すのはけっこう大変ですよね。 そんなときには塗料(ペンキ)で塗る方法がおすすめです。においの少ない水性塗料でペイントDIY初心者の方でも、簡単に素敵な色に塗り替えられます。


石膏ボードの壁を水性塗料で塗装する方法


塗装の準備



換気を良くして、汚れても良い服装で作業します。壁に汚れやホコリがある場合はきれいに取り除きます。
たばこのヤニなどが気になる場合は雑巾を濡らして拭きます。


養生



塗らないところをマスキングテープなどで保護します。この作業を「養生(ようじょう)」といいます。
角や隅は、しっかりと貼ります。四隅など、フチに合わせて余分なマスキングテープはカッターで切ります。


コンセント等の細かい部分も塗料が染み込まないようにしっかりと養生します。
広くマスキングテープを貼った後、不要な部分をカッターで切り取ると簡単に養生できます。外せるパーツは取ってしまうのも1つの手です。


ドアや窓、家具、床などの広い範囲を覆う時は、ビニールとテープが一緒になった「布マスカー」を使うと便利です。
マスカーはマスキングテープの上から貼ります。床に敷いた布マスカーはズレやすいので、ビニールの端にマスキングテープを貼り付けてしっかり留めます。


パテで凹凸を平らにする



石膏ボードのつなぎ目の溝やビスを止めてある穴の箇所のような凹凸をパテで埋めます。埋めたい凹みに沿ってパテをのせて、凹みからはみ出ているパテを平らなもので削ぎます。
パテはそのままでも使用できますが、硬く伸びが悪い時は少量の水を加えて練ってください。
パテをのせ終わったら、約4〜5時間程乾燥させます。




パテが乾いたら、320番のサンドペーパーを使ってやすり掛けを行い、表面をなめらかにします。
まだ気になる凹凸があれば、「パテを盛る→乾燥させる→表面のやすり掛けを行う」の工程を再度行ってください。

パテは別途こちらのページからお買い求めください>>


含浸シーラーを下塗り



表面を固める効果がある含浸シーラーを下塗りします。よくかき混ぜ別容器に移し、垂れないように少しずつ塗り広げます。全体にしっかり塗り終わったら乾かします。


※シーラーを塗ったローラーや刷毛は、色を塗る時にそのまま使用しないでください。併用する場合はよく洗ってから使います。別々に塗装道具を用意する方が作業が楽です。


色を塗る(1回目の塗装)



缶を開けるときは、ヘラやマイナスドライバー等を使い、缶を回しながら少しずつフタをこじ開けます。ポリ容器を開ける場合は、フタのフチの部分を全てめくり上げて開けます。




フタを開けたら中の塗料をよくかき混ぜ、塗りやすいように別容器に移します。
少し塗ってみて塗りにくい場合は、塗料に対して5〜10%の水でうすめ、さらによくかき混ぜます。




まずは、刷毛を使って壁のきわやコンセント周り等の細かい部分を塗ります。
続いて、広い面をローラーで塗っていきます。1回目の塗装ではムラを気にせず薄く塗りひろげていき、全体が塗れたら乾かします。乾燥の目安は触っても手に塗料が付かない程度です。


色を重ね塗り(2回目以降の塗装)



1回目の塗装の薄い部分やムラになっている部分を中心にていねいに塗り重ねます。
透けやムラが残る場合は2回以上塗り重ねます。特に白っぽい色や黄色、赤系色は透けやすいので、塗り重ねの回数が多くなりやすいです。
重ね塗りの間は、都度しっかり乾燥させるときれいに仕上がります。


養生を剥がしてタッチアップ

塗料が乾ききる前にマスキングテープを剥がします。マスキングテープが剥がしづらい時は、カッターで切り目を入れると剥がしやすくなります。

塗り残しや塗料がはみ出た箇所があれば修正します。細かい箇所の修正には、小筆を使うときれいに仕上がります。
もし、家具や床など塗りたくない場所に塗料がついてしまった場合は、水拭きですぐにふき取ります。

満足のいく出来栄えになったら、しっかりと乾かして完成です。



こちらのページでは塗料セットを販売しております




石膏ボードを塗る時に必要な「内部用水性塗料」と「含浸シーラー」をセットでお届けいたします。
塗りたい壁の広さに応じてセット内容を選べます。

内部用水性塗料とは


石膏ボードの上から塗れる塗料です。充分乾燥させた後は水に濡れても溶けなくなるので、塗った壁は水拭き掃除OKです。


  1. においが少なく室内でも使いやすいです。
  2. 刷毛・ローラー跡が目立ちづらいため、初心者の方でもきれいに塗れます。
  3. ホルムアルデヒドの発散量が最も少ないランクを示す「F☆☆☆☆」を取得しており、安心して使える塗料です。

スタッフのおすすめカラーを厳選

アッシュグレーAsh Gray

くすみのある明るいグレー

ミルクセーキMilk Shake

甘く懐かしいミルクセーキ。お日様に焼けたホワイト

サマークラウドSummer Cloud

夏の青空に浮かぶ入道雲。濁りのないホワイトカラー

ブラウンベアBrown Bear

幼い頃の幸せの触感。ふわふわのブラウン

ドライリーブスDry Leaves

季節の移り変わり、時の流れを感じるグリーン

どれも上品でおしゃれなマットカラーでインテリアにもなじみます。
※ディスプレイにより実際の色と違う場合があります。

ほかの色を注文したい場合 (クリックして確認)

必要な商品を単品でそれぞれお買い求めいただけます

TAKARATORYOオリジナルカラーは100色以上。上品でおしゃれなマットカラーの中から、あなたのイメージにピッタリな色がきっと見つかります。ぜひ一覧ページから色選びをお楽しみください。

「タカラ塗料オリジナルカラー」全色はこちら>>
※塗料の種類は「内部用水性」をお選びください。


※それぞれの塗料の必要量や道具は、以下のセット内容の表をご参照ください。

セット内容

  • タカラ塗料オリジナルカラー 内部用水性塗料
  • 含浸シーラー
セット内容 詳細
3平米セット 内部用水性塗料1kg + 含浸シーラー1kg
6平米セット 内部用水性塗料2kg + 含浸シーラー1kg
9平米セット 内部用水性塗料3kg + 含浸シーラー2kg
12平米セット 内部用水性塗料4kg + 含浸シーラー2kg
24平米セット 内部用水性塗料8kg + 含浸シーラー4kg
50平米セット 内部用水性塗料16kg + 含浸シーラー8kg

平米の計算の仕方 (クリックして確認)

よこの長さ × たての長さ = 平米(m²)
表示画像での大きさの壁を塗る場合、 3.6m×2.4m=8.64m²なので
9平米セットをお選びいただくのがベストです。


パテが必要な方は別途こちらのページからご注文いただけます>>

使用上の注意

▼素地調整について

  • 素地の調整は、確実に行ってください。
  • 表面のよごれなどを取ってください。
  • 古い壁面に、カビなどが発生している場合は、カビとり剤などで充分に処理してください。

▼塗装について

  • 降雨が予想される日、気温5℃以下、または素地の表面温度5℃以下、湿度85%以上の場合は塗装をお避けください。
  • 容器を開封し中身をよくかきまぜてから塗装してください。
  • 塗料が伸びにくい時は水で薄めて使用してください。
  • 塗装中、塗装後、および塗料の取り扱い作業時は、換気を十分に行ってください。
  • 塗布量、および施工面積は表面状態や塗装条件により異なります。
  • 乾燥を十分確認の上、次の工程を行ってください。
  • 塗装後、乾燥時間は降雨、降雪、結露(夜露)に十分注意してください。塗膜の密着不良、およびフクレ、色ムラの原因となります。
  • 塗装用具は使用後直ちに水で洗って下さい。一旦乾くと、再び水に溶けません。

▼保管について

  • 使用後は缶の蓋をしっかり閉めて保管してください。
  • 長時間の直射日光や雨ざらしは避け、気温40℃以上、0℃以下の状態に置かないでください。また、開封後はなるべく早めにご使用ください。

Let's paint!

塗り替えで良い生活を送りませんか?


色や容量によって値段が異なります。ご購入の際は以下の値段表をご確認の上、カートに商品を追加してください



販売価格 5,050円
型番 石膏ボード塗る塗料セット

 3平米セット6平米セット9平米セット12平米セット24平米セット50平米セット
アッシュグレー
ミルクセーキ
サマークラウド
ブラウンベア
ドライリーブス
セット名
カラー









室内で塗りたい物を選ぶ




屋外で塗りたい物を選ぶ




セット名
カラー
 3平米セット6平米セット9平米セット12平米セット24平米セット50平米セット
アッシュグレー
ミルクセーキ
サマークラウド
ブラウンベア
ドライリーブス
logo