ベニヤ板(コンパネ)の壁の塗り方|DIY初心者でもペンキで簡単リフォーム



ベニヤ(コンパネ)の壁の塗り方

ベニヤ(コンパネ)に水性塗料を塗装した事例

ベニヤ板は壁以外にも家具や雑貨に多く使われています。基本の塗り方さえマスターすれば様々な物に応用できます。

1.

下準備をします。換気を良くして、汚れても良い服装で作業します。
まずは砂壁についた汚れを雑巾やハタキを使って掃除していきます。たばこのヤニなどが気になる場合は雑巾を濡らして拭きましょう。

2.

マスキングテープやマスカーを使って、汚れてほしくない部分を保護することを「養生」といいます。まずは、塗料がついてほしくない幅木や壁等にマスキングテープを貼っていきます。
窓ガラスや床などの広範囲の養生は、布テープと養生シートが一緒になった「マスカ?」を使うと便利です。マスキングテープの上から貼ります。

3.

つなぎ目やビスを止めてある箇所や凹凸のある箇所をパテで埋めていきます。
穴が大きい場合は下地にメッシュを当て、その上からパテをのせていくと早く綺麗に仕上がります。

パテが完全に乾燥したら、紙やすり(サンドペーパー)を使って表面を滑らかにします。凹凸がまだ気になる場合は、3.〜4.の工程を繰り返します。

4.

パテが完全に乾いたら、下塗り塗料の含浸シーラーをローラーにたっぷり含ませて塗ります。
隅や細かい部分を先に刷毛を使って塗り、広い部分はローラーを使うと早く効率よく塗る事ができます。

5.

含浸シーラーが完全に乾いたら、内部用水性塗料を塗ります。
まずは、刷毛で壁の際やマスキングしたコンセント周り等細かい部分を縁取るように塗ります。

ローラーで壁全体を塗ります。1度塗り目ではムラを気にせず薄く塗りひろげていき、全体が塗れたら一旦乾かします。

6.

手で触っても塗料が手につかない程度乾燥させたら、2度塗り目をしていきます。薄く塗り重ねることが綺麗に仕上がるコツです。
満足いく仕上がりになったら塗料が乾ききる前に養生を外します。カッターなどを使って縁切りしながら剥がすときれいに剥がせます。

7.

塗り残しや、はみ出た箇所など細かい部分を修正し、しっかりと乾燥させたら完成です。





ベニヤ板の壁をペイントDIYできる塗料セットをご購入いただけます

おすすめ色

 ミルクセーキ
 ミルクティーベージュ
 KURAYAオールドブルーシー
 アジサイ
 ウィンターグリーン


※ディスプレイや写真によって実際の色味とは異なる場合がございます。

おすすめ色にお好みの色がない場合

「オリジナル色」のページより色をお選びいただけます。塗料の種類は「内部用水性」をお選びください。
どれを選んでも周囲になじむ自然な色合い仕上がる「タカラ塗料オリジナルカラー」はこちら >>

さらに、下塗り用の「含浸シーラー」を合わせてご注文ください。含浸シーラーはこちら>>

それぞれ必要な容量は、以下のセット内容の表をご参照ください。


セット内容

  • オリジナルカラー 内部用塗料(2度塗り)
  • 含浸シーラー(2度塗り)
セット 内容
3平米セット 内部用水性塗料1kg + 含浸シーラー1kg
6平米セット 内部用水性塗料2kg + 含浸シーラー1kg
9平米セット 内部用水性塗料3kg + 含浸シーラー2kg
12平米セット 内部用水性塗料4kg + 含浸シーラー2kg
24平米セット 内部用水性塗料8kg + 含浸シーラー4kg
50平米セット 内部用水性塗料一斗缶 + 含浸シーラー8kg

数量によって値段が異なります。ご購入の際は以下の値段表をご確認の上、カートに商品を追加してください



販売価格 5,330円
型番 ベニヤの壁の塗り替えセット

 ミルクセーキミルクティ―ベージュKURAYAオールドブルーシーアジサイウィンターグリーン
3平米セット
6平米セット
9平米セット
12平米セット
24平米セット
50平米セット
各種カラー
量と面積









各種カラー
量と面積
 ミルクセーキミルクティ―ベージュKURAYAオールドブルーシーアジサイウィンターグリーン
3平米セット
6平米セット
9平米セット
12平米セット
24平米セット
50平米セット
logo