【お店のメニュー表に】高級感あるおしゃれなアンティーク風ファイルを作る方法



メニュー表作りでお困りではないですか?

  • 既成品のファイルじゃ物足りない

  • お客様の目につく部分はこだわりたい

  • インテリアに合わせて統一感を出したい

  • オリジナリティあるものを作りたい

  • 作ってみたいけど細かい作業は苦手...


そんな方におすすめ
簡単DIYでお客様の目を惹くおしゃれなメニュー表を作る


合板に革を切って貼っただけのファイルに、簡単なペイントDIYでアンティーク風のおしゃれなメニュー表が作れます。
こちらは実際に当店で作り、タカラ塗料京都?燗?屋S.C.店で使用しているファイルです。ご来店のお客様が一番に驚き、そして人気の高いメニューブックとなりました。
美しく輝くゴールドメタリック塗料を使っているので、高級感も感じられる仕上がりになっています。


さらに、アンティークな雰囲気を出すために金属のくすみをエイジングペイントで表現しています。 難しそうに見えますが、きれいに塗る必要が無いので実は簡単なんです。

さらに、『ファイルをアンティーク風にできる塗料セット』を使えば必要な塗料がそろっているので、気軽にDIYを始められます。


こちらのページでは、初めての方でも分かりやすく塗り方の手順も詳しく掲載しています。
ワンランク上の店づくりのために、ぜひペイントDIYに挑戦してみませんか?


アンティーク風のファイルを作る手順をご紹介


今回塗り替えるファイルは合板を繋げて作っています。合板はお好きなサイズをホームセンター等でご用意ください。

準備するもの

1. ゴールドメタリックで色塗り

ゴールドメタリック塗料をスポンジに含ませて塗ります。綺麗に塗る必要はありません。おおざっぱに塗っていきます。
色ムラや凹凸ムラもアンティーク風の表現では「味」になるので、スポンジでわざと塗りムラを出すくらいの気持ちで塗ります。

全体的に塗れたら、乾燥させます。乾燥の目安は指で触っても付かなくなる程度です。

2.ビターチョコレートでエイジング塗装

ゴールドメタリック塗料が乾いたら、次にチョークボードペイント「ビターチョコレート」でエイジング塗装をします。
水で薄めたビターチョコレートをスポンジに含ませて、ポンポンと色をのせていきます。
金属をくすませるイメージでエイジング塗装をします。

ある程度色をのせたら、乾いたウエスや布などを使って水分を取るようにトントンと叩いて色みを調整します。
全部色をぬぐい取ってしまったり、横にスライドして拭かないよう注意します。

このように「色をのせる→ウエスで色みを調整する」を繰り返して濃淡をつけていきます。

段々とくすみ感が出て、アンティークな雰囲気に仕上がります。
板の端は濃いめに色を付けると、より雰囲気が出ます。

3.背表紙の革をエイジング塗装

次に、合板同士の端同士を革でつないで背表紙を作ります。こちらの革もエイジング塗装をして統一感を出します。

板に塗料が付かないよう、革と合板の境目くらいの場所をマスキングテープで覆います。

ビターチョコレートを水で薄めてスポンジに取り、トントンと叩きつけるように、革に塗っていきます。
革はペンキをとても吸収するので、つけすぎると濃くなってしまいます。余分な水分は落として、つけすぎないように注意しながら塗ります。

ズームして見るとこのような仕上がりです。
通常、革を塗料で塗りつぶそうとすると、革の伸縮に耐えられず塗膜が割れてしまいます。
しかし、今回のような水で充分薄めて、革の表面を汚すイメージで塗る場合は問題ありません。

このように、革もエイジング塗装すると全体の統一感が生まれ、よりおしゃれな仕上がりになります。

4. 金具に色を塗る

開いたときにがっかりしないように、内側の金具も塗ります。
金物パーツはそのまま塗ってしまうと塗料がきちんと密着せず剥がれてくることがあるので下処理をします。

まずは、全体をサンドペーパー(紙やすり)で表面が曇る程度にやすり掛けを行います。表面に細かな傷をつけてざらつきが出したり表面積が増えることで、塗料が良く引っ付くようになります。

さらに、塗料の密着性を高めるために「非鉄バインダーα」を下塗りします。こうすることで、ちょっとした衝撃で塗料が剥げてしまうことを予防します。
薄く1度塗りしたら、2時間程度乾燥させます。

油性塗料を塗るときは

非鉄バインダーαは油性の塗料です。塗装中と乾燥中はしっかりと換気をし、手袋をはめて塗装してください。

下処理ができたら、ゴールドメタリック塗料で塗ります。エイジング塗装も行います。
同じく塗った木の板に金具を取り付けて、背表紙に貼り付けたら完成です。

完成 おしゃれなメニュー表ができました



表紙には、余ったビターチョコレートを使ってエイジングしたクラフト紙を貼り付けています。中の紙もクラフト紙にして統一感をもたせています。



細部までこだわりの見えるメニュー表の完成です。市販品にはない本格的なアンティーク風なファイルになりました。お店の雰囲気とメニュー表に統一感をもたせることで、ブランディングの強化にも繋がります。ぜひ、アンティーク風ファイルのペイントDIY挑戦してみてください。
ゴールドメタリック使用色:アンティークゴールド
塗装した合板のサイズ:31.8cm×25.3cm(約0.08?u)

他にもこんなものが作れます


同じ手順で少し細い木の板を塗ってクリップボードも作ってみました。
その他にも100均で買ってきたMDF製バインダーを塗ったり、ディスプレイを塗ってみたりアイデアがいっぱい。店舗インテリアの幅が広がります。


『ファイルをアンティーク風にできる塗料セット』をご注文いただけます



セット内容

  • ゴールドメタリック塗料 200g
  • チョークボードペイント ビターチョコレート 200g
  • 非鉄バインダーα 刷毛付き容器200g

ゴールドメタリック塗料とは


退色しにくく、高級感のある仕上がり。水性塗料なので臭いもほとんどなく安心してご使用いただけます。
200gでA3サイズの板両面を約2枚塗装できます。(約0.5?u)

非鉄バインダーαは便利な刷毛付きタイプ


付属する非鉄バインダーαはフタ裏に刷毛が付いている特別仕様。開けてすぐご使用いただけます。
非鉄バインダーαは油性の塗料です。塗装中と乾燥中はしっかりと換気をし、手袋をはめて塗装してください。

アンティーク風に仕上がる色を厳選しました

『ファイルをアンティーク風にできる塗料セット』では、以下4色から好きな色をお選びいただけます。

アンティークゴールドAntique Gold

古びた金貨のような落ち着いた輝き【事例と同じ色】

ブラスBrass

真鍮のようなシックで控えめな輝き

コッパーCopper

赤褐色の金属銅のような上品な輝き

シルバーSilver

磨かれた銀食器のような煌びやかな輝き

おすすめ色以外の色や大きいサイズの塗料を注文したい場合(クリックして確認)

使用上の注意

▼素地調整について

  • 素地の調整は、確実に行ってください。
  • 表面のよごれなどを取ってください。
  • 古い壁面に、カビなどが発生している場合は、カビとり剤などで充分に処理してください。

▼塗装について

  • 降雨が予想される日、気温5℃以下、または素地の表面温度5℃以下、湿度85%以上の場合は塗装をお避けください。
  • 容器を開封し中身をよくかきまぜてから塗装してください。
  • 塗料が伸びにくい時は水で薄めて使用してください。
  • 塗装中、塗装後、および塗料の取り扱い作業時は、換気を十分に行ってください。
  • 塗布量、および施工面積は表面状態や塗装条件により異なります。
  • 乾燥を十分確認の上、次の工程を行ってください。
  • 塗装後、乾燥時間は降雨、降雪、結露(夜露)に十分注意してください。塗膜の密着不良、およびフクレ、色ムラの原因となります。
  • 塗装用具は使用後直ちに水で洗って下さい。一旦乾くと、再び水に溶けません。

▼保管について

  • 使用後は缶の蓋をしっかり閉めて保管してください。
  • 長時間の直射日光や雨ざらしは避け、気温40℃以上、0℃以下の状態に置かないでください。また、開封後はなるべく早めにご使用ください。

Q&A

Q.水がかかっても大丈夫ですか?
A.はい。水性塗料は、充分乾燥させた後は水に濡れても溶けなくなります。もちろん水拭きでの掃除もOKです。


Let's paint!

塗り替えで良い生活を送りませんか?


色によって値段が異なります。ご購入の際は以下の値段表をご確認の上、カートに商品を追加してください



販売価格 6,610円
型番 ファイルをアンティーク風にできる塗料セット

 ファイルをアンティーク風にできる塗料セット
アンティークゴールド
ブラス
コッパー
シルバー
セット名









セット名
 ファイルをアンティーク風にできる塗料セット
アンティークゴールド
ブラス
コッパー
シルバー
logo