パテの使い方

  • 難易度 ★★★

    パテは塗装をする場合の下地処理として、凹凸や穴などを埋めるときに使います。 例として石膏ボードに塗装をする場合に下地処理として行うパテの方法を説明します。 石膏ボードのつなぎ目の溝とビスを止めた跡をパテで埋めていきます。

    準備するもの

    • パテ
    • ヘラ
    • ペーパーヤスリ

パテの使い方

パテの詳しい使い方をご紹介いたします。

  • 下処理

    1.

    パテを行う前に、ビスを打った部分の表面が浮き上がっているところをヤスリで削ります。

  • 表面をフラットにする

    2.

    ビスを打ったときにめくれ上がった表面をフラットにします。

  • 飛び出しているビスの頭を埋める

    3.

    またビスの頭が出ている場合もしっかり奥まで止めます。 うまく噛み合ずビスが中まで入らない場合は、ドライバーを当てがって上から金槌等で叩いてビスを埋めます。

  • パテを練ります

    4.

    パテを準備します。 パテはそのまま使用するのではなく、水を加えて滑らかになるまでよく練ります。 始めはまとまりがなく固い状態です。

  • 水を加える

    5.

    少しづつ水を加えて、ヘラで細かく切るように練っていきます。

  • よく練ります

    6.

    まとまりがあって粘りけがでてくるぐらいまで練ります。

  • 溝を埋めて行きます

    7.

    ヘラでパテを少し取ったら、つなぎ目の溝にそってヘラを滑らします。 ゆっくりきれいに溝にパテを埋めていきます。 溝以外にも壁面に傷や穴があいてる箇所があれば、同じように埋めていきます。 一旦乾かします。

  • 横むきにパテを滑らす

    8.

    2回目は横向きにヘラを滑らして溝の部分にパテをのせて行きます

  • 余分なパテは拭いとる

    9.

    溝にそってヘラを滑らし余分なパテを拭います。 一旦乾かします。

  • 段差をなくします

    10.

    この段階で、パテが左に多く残っているのは左側の石膏ボードが沈んでいるためで、パテを行う事でこのような段差を無くしてフラットな面を作ることが出来ます。

  • ヤスリをかけます

    11.

    パテが完全に乾いたら、一度ヤスリをかけます。 縦や横向きにヤスリを滑らして均一な面を作ります。 縦方向ばかり削りすぎると溝が浮き出てしまうのと、よりつなぎ目の段差が無くなるようにするには、溝の向きとは逆の横向きにヤスリを滑らすようにします。

  • さらに段差をなくします

    12.

    最後に、段差が大きく出ている箇所を中心に、パテをのせていきます。 この石膏ボードの場合、下の方に大きく段差がでています。

  • 余分なパテを拭います

    13.

    溝の向きにそってヘラをすべらし、余分なパテを拭います。 また一旦乾かします。

  • 凹凸を削ります

    14.

    最後にヤスリをかけます。 全体的に凹凸しがあるところを削っていき、パテの切れ目などを滑らかにします。

  • 滑らかになるまで削ります

    15.

    手で触ってみて段差や凹凸がなく滑らかになっていれば完成です。 まだ、凹凸などがある場合はパテで埋める作業とヤスリを繰り返してください。 ヤスリを削るときは必ずパテが完全に乾いた状態で行ってください。


商品一覧

塗り方

コンテンツ

塗料について

株式会社タカラ塗料
〒557-0063
大阪市西成区南津守4-3-17
06-6659-2321
(平日9〜17時)

takaratoryo.com
お電話でお問い合わせの際
「How to paintを見た」とお伝えください