(工事中)コンクリートの壁の塗り方

コンクリートの壁の塗り方

  • 難易度 ★★★

    コンクリートやモルタル面には水性塗料をおすすめします。 油性塗料を塗ると化学変化が起き、将来的にひびが入って剥がれてしまいます。 水性塗料は臭いなどは特に気になりませんが、室内での作業の時は必ず換気をしましょう。

    準備するもの

    • 養生テープ
    • マスキングテープ
    • マスカー
    • ブルーシート
    • パテ
    • ヘラ
    • ペーパーヤスリ
    • 含浸シーラー
    • 刷毛 2
    • ローラー 2
    • ローラーバケット
    • 水性艶消し塗料

コンクリートの壁の塗り方

気軽に内壁の色を塗り替える方法をご紹介いたします。

  • 汚れを拭き取ります

    1.

    壁の汚れを掃除します。 タバコのヤニなどが気になる場合は濡れぞうきんでよく拭いてください。

  • 養生します

    2.

    塗らない箇所や汚したくない箇所を養生テープなどで養生します。 養生の仕方はこちらをご覧ください。

  • パテをします

    6.

    ひびが入っている箇所や凹凸がある箇所をパテで埋めていきます。 パテの詳しい使い方はこちらをご覧ください。

  • ヤスリで表面を滑らかに削ります

    4.

    パテが乾いたらヤスリで表面が滑らかになるように削ります。 凹凸残っていればまたパテを塗り、乾いたらヤスリで磨く工程を繰り返します。 詳しいパテの塗り方はこちらをご覧ください。

  • 含浸シーラーを塗ります

    5.

    表面が滑らかになりパテが完全に乾いたら、コンクリートはざらつきがあり表面が安定していないので含浸シーラーを塗り表面を固めます。

  • 刷毛とローラーを使います

    6.

    隅や細かい部分を先に刷毛を使って塗り、広い部分はローラーを使うと早く効率よくし上がります。

  • 水で薄めて使います

    7.

    シーラーが乾いたら、水性塗料をを塗っていきます。 この時も同じように隅や細かい部分を先に刷毛を使って塗り、広い部分はローラーで塗ります。ローラーの詳しい使い方はこちらをご覧ください。

  • 黒板塗料を塗ります

    8.

    完全に乾いたら、さらに2度塗りします。

  • 薄く何度も重ねて塗ります

    9.

    コツは一度で塗ろうとせずに、薄く何度も塗り重ねることが綺麗に仕上がるポイントです。 1回目の塗りだと黄ばみやヤニは隠れないので、捨て塗りぐらいで考えます。 最低でも2度塗りすると考えて、必要であれば3〜4回塗ってもかまいません。 ひとつの工程がおわる度にしっかり乾かすのもポイントです。

  • 二度塗りします

    10.

    2度塗りしたら完成です。 塗料が乾ききる前に養生を外します。 塗り残しがある場合は、完全に乾いたあとで刷毛を使って塗り直してください。

数量によって値段が異なります。ご購入の際は以下の値段表をご確認の上、カートに商品を追加してください


販売価格 0円

カートに追加する商品をお選びください。


商品一覧

塗り方

コンテンツ

塗料について

当店について

  • マイアカウント
  • 会員登録
  • ログイン
  • 株式会社タカラ塗料
    〒557-0063
    大阪市西成区南津守4-3-17
    06-6659-2321
    (平日9〜17時)

    takaratoryo.com
    お電話でお問い合わせの際
    「How to paintを見た」とお伝えください