チョークで星座を描けるギャラクシー柄の黒板を作った事例


    • 難易度 ★★★ 製作者 サトミ

      ギャラクシー柄を黒板塗料で再現してみました!白いチョークの消しあとをわざと残してミルキーウェイ風にしてみたり、オリジナルの星座を描いてみたり、宇宙柄を活かした使い方をしてみてください!


      準備するもの

      • ホワイトボード(磁石を使いたかったのでホワイトボードを使いました)
      • 紙やすり(ホワイトボードの場合400番くらい)
      • マスキングテープ
      • ハケ
      • スポンジ
      • TAKARA ChalkBoardPaint
      • ・DarkBlueberry(ベース)
      • ・PurplesSweetPotato
      • ・AlmondJelly
      • ・MintBlue
      • 非鉄バインダー

(塗り方編)

1.

今回今回使ったのはこのホワイトボードです。 マグネットがつくタイプであれば、塗料を塗っても磁石がくっつくので便利です。

2.

まずはつるつるの面を紙やすりで軽くやすります。 非鉄バインダーも塗っておくと塗料がよりくっつきます。 枠の部分を塗らない場合は、やすったり非鉄バインダーを塗る前にマスキングしてください。

3.

塗らない部分にマスキングして、ハケでベースの色ダークブルーベリーを塗ります。 少量の水で薄めると塗料ののびがよくなり綺麗に塗れます。 1度で塗ろうとすると厚塗りになり塗りムラが目立つので、薄く2-3度塗りするのがオススメです。

4.

べースが乾いたら、水で薄めたパープルスイートポテトやミントブルー、アーモンドゼリーで 星雲を作ります。写真くらい薄めで大丈夫です。スポンジでポンポンとのせていきます。 色を濃くしたい場合は、水を少なくするのではなく薄めた塗料を何度も重ねてください。 ドライヤーを使って乾かせば時短になります。

5.

星の部分は、薄めたアーモンドゼリーをハケの先にとって、散らします。 ハケを持った反対の手に棒等を対象物と平行にもって、ハケの柄を棒にたたき付け、その衝撃でハケの先の塗料を散らしました。

6.

色味が濃すぎたり、失敗したなーと思う部分があればベースの色を薄めてスポンジで塗って隠したりなじませます。 ひとまず黒板部分は完成です。

7.

黒板の枠の部分はお好みで塗ってください。 今回はメタリック系のカラーを水に薄めずムラを作って塗ってみました。

8.

シルバーにゴールド系の色を重ねてみるた図

9.

2と3と同じ工程をマグネットにも。星を描いてみました。

10.

黒板にくっつけるとこんな感じです!アイデア次第でいろいろ使えると思います!


おすすめ色

Dark Blueberry
Purple Sweet Potato
Almond Jelly
Mint Blue

 塗装セット

  • DarkBlueberry 50g
  • PurplesSweetPotato 50g
  • AlmondJelly 50g
  • MintBlue 50g
  • 非鉄バインダー 200g

数量によって値段が異なります。ご購入の際は以下の値段表をご確認の上、カートに商品を追加してください


販売価格 2,880円

カートに追加する商品をお選びください。

宇宙柄黒板


商品一覧

塗り方

コンテンツ

塗料について

当店について

  • マイアカウント
  • 会員登録
  • ログイン
  • 株式会社タカラ塗料
    〒557-0063
    大阪市西成区南津守4-3-17
    06-6659-2321
    (平日9〜17時)

    takaratoryo.com
    お電話でお問い合わせの際
    「How to paintを見た」とお伝えください