段ボールで枯れないサボテンを作る方法

段ボールで枯れないサボテンを作る方法

    • 難易度 ★★★ 製作者 サトミ

      ウエスタンな雰囲気の演出に柱サボテンを作りました。

      準備するもの

      • 段ボール
      • 新聞紙
      • 木工用ボンド
      • グルーガン
      • i think green アイシンクグリーン(サボテン本体の緑)
      • セメントテクスチャグレイ(ザラザラな質感に塗れる水性塗料)(とげの部分に使用)
      • チェダーチーズ(とげの部分に使用)

段ボールで枯れないサボテンを作る方法(塗り方編)

  • 1.

    欲しい長さを三等分して図のようなパーツを段ボールで切り出します。 (スリットは使う段ボールの厚み分くらいの幅でOKです。) 外形は図のようなきれいな線よりくねくねいびつなくらいがかわいいです。 1のパーツに2のパーツを下からはめ込んだものに、3のパーツを上からはめて、上から見たら*形になるように形を整えます。

  • 2.

    形を整えたら、グルーガンで固定します

  • 3.

    木工ボンドを水で薄めたものに新聞紙を浸し、貼り付けます。 ((グルーと段ボールの側面の空洞が見えないようにしたかっただけなので何重にもしていません))

  • 4.

    乾いたらグリーンを塗っていきます。 何色か違うグリーンを混ぜてみたり、部分ごとに雰囲気を変えて色を重ねても面白いと思います。

  • 5.

    トゲにあたる部分もグル―ガンで、等間隔にちょんちょんとグルーを盛ります。 グル―ガンが熱いうちに引っ張って伸ばせば、トゲっぽいものも表現できそうです。 (やけどしないように方法は工夫してください) 柱サボテンには尖ったトゲがなかったので丸い節のようなイメージで盛りました。

  • 6.

    グル―ガンで盛った棘の上に、CementTextureGrayに チェダーチーズをほんの少し混ぜたものを塗ります。 なんだか黄色みが濃かったなーと思いましたがPOPでかわいい感じになりました。

  • 7.

    鉢に入れてうまく固定してしまえば完成です。

おすすめ色

I think Green
 Cement Texture Gray
 Cheddar Cheese

段ボールで枯れないサボテンを作る方法 塗装セット

  • i think green アイシンクグリーン 200g
  • セメントテクスチャグレー500g
  • チェダーチーズ 50g

数量によって値段が異なります。ご購入の際は以下の値段表をご確認の上、カートに商品を追加してください

販売価格 3,040円

カートに追加する商品をお選びください。

 サボテンを作るセット
I thinkグリーン200g+セメントテクスチャーグレー500g+チェダーチーズ50g
セット
内容

セット
内容
 サボテンを作るセット
I thinkグリーン200g+セメントテクスチャーグレー500g+チェダーチーズ50g

商品一覧

塗り方

コンテンツ

塗料について

株式会社タカラ塗料
〒557-0063
大阪市西成区南津守4-3-17
06-6659-2321
(平日9〜17時)

takaratoryo.com
お電話でお問い合わせの際
「How to paintを見た」とお伝えください